寿命がきたら交換を

スイーツ03一般的に言われているのが、自動車の寿命はおよそ10年といわれていますが、その間自動車の汚れが原因で様々なトラブルが降りかかる可能性もゼロではありません。例えば金属片やほこりのせいでボディーに細かい傷が大量についてそこから錆が出たり、ガラスの汚れから視界不良が発生して事故を起こしかけるなどといった具合に汚れが原因で起きるトラブルは数多くあるので、少しでも安全な運転を続けることが出来るようにこまめに洗車をするように心がけましょう。自動車の洗車に使用するスポンジはやはり高めのもののほうが洗浄効果が高いとされていますが、そうしたスポンジも使えばどんどん寿命が近づいてくるので、ある程度使った後は新しいスポンジを購入しましょう。
洗車スポンジの寿命ははっきり明記されているというわけではありませんが、やはりある程度汚れてきたと感じたら新しいものに交換するべきでしょう。汚れてしまったスポンジは洗浄効果も弱まりますし、洗車中に自動車のボディーに付着していた細かい金属片や砂などが入り込んでしまうので、それらが原因となってスポンジを使ったところに細かい傷が付いてしまうなんてことも起きかねません。せっかく洗車したのに自分から傷をつけてしまうのも馬鹿みたいなのでそんな事にならないように古くなったスポンジは早めに交換してください。

Comments are closed.