車に傷がつかない活用法

スイーツ02自動車の汚れは放置しておけば置くほどひどくなっていきます。当然そのまま放置していても何一ついいことが無いので、出来る限りこまめに洗車するようにして常に綺麗な状態を保つようにしましょう。そのためには洗車グッズも一通り用意しておきたいところですが、いざ洗車してみると洗車スポンジで洗った箇所に細かい傷が大量に付いてしまうという方が少なからずいるそうです。スポンジで磨いたところに傷が付いたとなればと原因がスポンジにある可能性が高いですが一体どうして洗車スポンジで傷が付いてしまうのでしょうか。
洗車スポンジによって傷が付く原因は色々考えられますが、その多くはスポンジの使い方や管理の仕方に原因があることが多いといいます。例えばスポンジでボディーを磨く際いきなりカーシャンプーを付けて磨くとほこりや金属片がスポンジに大量に付着してボディーを傷つけながら磨いてしまうということが多いので、スポンジを使う前に水洗いで大きなほこりや金属片を洗い流してからスポンジで磨くとボディーを傷つけることもありません。また汚れたスポンジには金属片などが入りっぱなしになっている事が多く、そこからボディーが傷ついてしまう可能性も高いのでボディーを綺麗に保つためにはスポンジも綺麗に保つようにしましょう。

Comments are closed.