洗車スポンジとクロスの使い分け

アーモンド車に傷が付く原因は色々有りますが、細かい傷の原因の多くはボディーについた汚れから起こる事だといわれています。自動車のボディーに付いた排気ガスから出た金属片や砂埃を洗車時に思い切りこすったときに細かい傷が大量に付いてしまうことが多く、そのせいでボディーが白く濁ってしまい、どれだけ洗車しても戻らなくなってしまうこともあるそうです。そうした事態を引き起こさないようにするにはしっかり汚れを吸着することが出来る洗車グッズを使用するようにしましょう。

 
自動車に付いた汚れを取り除くには使用する洗車グッズの選び方が重要です。例えばボディーの汚れを落とす際洗車スポンジとクロスのどちらを使うかでも仕上がりにはずいぶん差が出てくるので、状況に応じた使い分けを考えるようにしましょう。洗車スポンジは汚れの吸着力が強いので洗剤で浮かせた汚れを綺麗に取り除くことが出来ますし、クロスは吸水性が高いので汚れを落とすよりも水で汚れを洗い流した後の仕上げに使用するようにするとより綺麗に汚れを落とすことが出来るので、今まで洗車にはスポンジかクロスのどちらかしか使ってこなかったという方は二つの洗車グッズを使い分けてみましょう。

 

 
車買取相場